注目キーワード
  1. 静止画
  2. 胸チラ
  3. 綿
  4. 文化祭
  5. ダンス部
テーブル席で油断してお股がゆるゆるになっちゃう綿ぱんつな娘たち(未来の坂本:机下の華 60)

テーブル席で油断してお股がゆるゆるになっちゃう綿ぱんつな娘たち(未来の坂本:机下の華 60)

テーブル席で油断してお股がゆるゆるになっちゃう綿ぱんつな娘たち(未来の坂本:机下の華 60)
このページは『Pcolle』で配信中の『机下の華 60』をレビューしています。
テーブル席で油断してお股がゆるゆるになっちゃう綿ぱんつな娘たち(未来の坂本:机下の華 60)
テーブル席で油断してお股がゆるゆるになっちゃう綿ぱんつな娘たち(未来の坂本:机下の華 60)
テーブル席で油断してお股がゆるゆるになっちゃう綿ぱんつな娘たち(未来の坂本:机下の華 60)
テーブル席で油断してお股がゆるゆるになっちゃう綿ぱんつな娘たち(未来の坂本:机下の華 60)
テーブル席で油断してお股がゆるゆるになっちゃう綿ぱんつな娘たち(未来の坂本:机下の華 60)
販売者 未来の坂本
商品ID 1093285ee2db92b6437
再生時間 12分32秒
出演人数 2名
見どころ 座りパンチラ

未来の坂本 さんの盗撮風作品をレビュー。

未来の坂本さんの作品は個人的にも好きなので、すでに30本以上レビューしているんですが、一向にコンプリートできる気配すらありません。

だって、今回の「机下の華」シリーズだけでも70本以上の作品がリリースされているんですもの(笑)

一応、全ての作品をレビューすることを目指して日々記事を作成しているんですが、コンプリートするのは一体いつの日になることやら…

というか、坂本さんの作品リリースのペースの方が早い気がするので、このまま一生追いつくことができない可能性も。

まあ、作品がたくさんあるってのは嬉しい事なんですがね(笑)

ということで、机下の華シリーズの60作目です。

作品説明の重要な部分だけ先に見ておきましょう。

注意:作品中に個人が特定できる程度の顔の描写はございません。ご理解いただきましてからお買い上げください。

本作はお顔撮り無しバージョンとなっているので注意。

机下の華 60 画像つき詳細レビュー

Pcolleの作品ページを開く

 1人目:白系ひざ丈ワンピ娘(最初~5:43)

残念ながらの顔撮り無し回。ということで、姿撮りシーンはこの程度となります。

机下の華 60 画像つき詳細レビュー

 

一応、お顔以外の全身像はわかるようにはしてくれています。

序盤は肩掛けバッグがスカートの上に乗っかっており、パンチラを期待できるような状況ではないんですが、ここから坂本さんが持ち前の驚異の粘りを見せます(笑)

机下の華 60 画像つき詳細レビュー

 

画面が切替わると、モデルさんが向かいの席に場所を移動したようですね。

脚を組んでさっそくパンチラが期待できるシチュエーションとなりました。カット編集を挟んでいますが、一体この状況になるまでどれほど粘られたんでしょうか?(笑)

机下の華 60 画像つき詳細レビュー

 

組んだ脚は必ず解くというのが世の常。

脚を下ろす際には、決して短くはないスカートの奥の白い布地をゲットすることに成功。さすがですね!

机下の華 60 画像つき詳細レビュー

 

ズーム機能も使って、魅惑のデルタゾーンをじっくりと観察していきます(笑)

机下の華 60 画像つき詳細レビュー

 

脚を解いた後は、もうずっと見えっぱなしの状態なんですが、この程度の見え方だとちと物足りないような気も。。

机下の華 60 画像つき詳細レビュー

 

しかしそこは坂本さん。その後も驚異の粘りを見せてくれます。

長時間の滞在ですっかり集中力が落ちてしまったモデルさんは、徐々にお股を開いていき、、

机下の華 60 画像つき詳細レビュー

 

とうとうクロッチ部分まで披露してくれました(;゚∀゚)=3ハァハァ

綿製の白Pっぽいんですが、ちょっと変わったデザインにも見える。うーんどうなんだろ…

その後モデルさんが席を立ったところで撮影終了。

机下の華 60 画像つき詳細レビュー

2人目:短パンパッカー娘(5:44~最後)

2人目は、デニム素材のショーパンが ”おあつらえ向き” な女の子。

どちらかというと、こちらが本作のメインモデルになります。

机下の華 60 画像つき詳細レビュー

 

序盤からすでに危険な状態だということで、さっそくズームを効かせてくれる坂本さん。

その隙間からは、さっそく白のフリルのようなデザインの布地がチラ見えしております(゚A゚;)ゴクリ

机下の華 60 画像つき詳細レビュー

 

立てていた脚を崩すと、開いたショーパンからの隙間パンチラ(゚A゚;)ゴクリ

普通のデニムショーパンだと思っていたんですが、スカートの中にズボンが付いているタイプだったのだということがここでわかります。

机下の華 60 画像つき詳細レビュー

 

1人目と違い、あまりお行儀がよろしくないモデルさんなので、その後はパンチラしまくってくれますよ(゚A゚;)ゴクリ

机下の華 60 画像つき詳細レビュー

 

魅力的な隙間に向かってカメラがズームしていくと、なにやら模様がプリントされた綿ぱんつがはっきりと見えますね(;゚∀゚)=3ハァハァ

机下の華 60 画像つき詳細レビュー

 

すべすべ美脚の肌のキメまで確認できる良好画質ということから、モデルさんとの距離はそう遠くないのだということもわかりますね(゚A゚;)ゴクリ

机下の華 60 画像つき詳細レビュー

 

これまでずっと落ち着きのなかったモデルさん、終盤になるととうとうお股をパッカーンと開いてくれました!

キャプ画ではわかりませんが、実はこの時貧乏ゆすりをしまくっているので、太もものお肉がぷるぷると揺れてえちえち(;゚∀゚)=3ハァハァ

机下の華 60 画像つき詳細レビュー

 

そこへすかさずのズームで、もこついた綿ぱんつの生地をチェックしてくれる坂本さんなのでした(゚A゚;)ゴクリ

机下の華 60 画像つき詳細レビュー

総評

1人目のモデルさんはスカート衣装でありながらも、比較的お行儀もよくがっつりまでとはいかなかったのですが、2人目のモデルさんはズボン内蔵型スカートという安心感もあってかがっつり丸見え!

柄がプリントされたいたいけな綿ぱんつファンとしては、たまらない映像に仕上がっていたと言えるのではないでしょうか(゚A゚;)ゴクリ

普通のショーパンもいいんですが、スカート内蔵型のショーパンもこれはこれでまた違った味わいがあるもんですな(;゚∀゚)=3ハァハァ

相変わらず安定のハイクオリティで深く楽しめる座りパンチラ映像だったのは言うまでもないんですが、お顔撮りシーンがなかったのはマジで残念。

文句なしのパンチラシチュエーションだっただけに、余計に悔やまれますね。

例の地方のパンチラ作品のように、後日お顔解禁バージョンを出してくれることはあるのだろうか?

うーん、なんとなくだけどなさそうな気がするなあ…

ということで、Sweet なモデルさんの綿Pならお顔がなくても全然OK!だという、懐の広い紳士の方はどうぞ。

作品説明文

今回は、足元のゆるゆる系机下を2シーンおとどけします。

・白系ひざ丈ワンピ娘
日和です。
暖かさを超えて暑くさえ感じるようになり、またいっそう薄着になった娘たちがたくさん街に現れるようになりました。
現れたのは友達とワチャワチャしてる白系ワンピ娘。
もちもちしてる感じの娘です。
抱き心地よさそう。
うーむ、四人掛けのテーブル席の通路側って、結構Pスポットなんですよね。
白ワンピちゃんも通路側に座って通りかかる人にPチラサービスを始めましたw
魅惑の三角地帯からチラチラと見せてきます。
こう、なんというか、
完全なる無防備っていうか、無意識っていうか、とにかく隙だらけです。
しばらくすると、
脚もパッカーっと開いてきて、Pもご開帳です。
歴戦の女子様なら脚を広げてもスカート布を間に入れて鉄壁ガードをするのですが、
なにせ無意識にひらいた無防備なPですから、もうどうしようもないです。

・短パンパッカー娘
さんざん言ってますが、
短パンは丈の短さ&裾の広がり具合のどちらも必要なんです!
どちらかだけだと結構見えない・・・むしろ、短さより裾の広がりの方がチャンスなのかもしれません。
やはり、勘違いしていらっしゃる女子さんもまだいるらしく、
とにかく短パンだから大丈夫!みたいな。
そんな素敵な勘違いちゃんが登場です。
もう席に着くと同時にサンダル脱いで座面に足の裏をつけるような座り方でスタート。
リラックスしすぎですww
姿勢もヨワヨワで、すぐ崩れてしまいます。
姿勢が変わるたびに若い細いすべすべなフトモモと、奥のクシュっとしたP布がチラチラ。
あーもーほらー、見えてる見えてる!
って、注意したくなる感じの見え方です。
サンプル画像でピンときたらよろしくどうぞ。

再生時間 12:32
サイズ 1920×1080 814MB

※モデルは協力者であり18歳以上である事を身分証で確認済みです。
※今回はシチュエーションをよりリアルにするため、モデルさんを使ったイメージ動画です。お間違えの無いようお願いします。
※あくまで盗撮風の作品です。架空のシチュエーションとしてお楽しみください。

作品評価

撮れ高 4
画質 4.5
モデルの見た目 不明
コスパ 4
管理人の好き度 4
総合点 4
45バナナ
綿P + デニムショーパンの組み合わせは最強!

Pcolleの作品ページを開く