注目キーワード
  1. 静止画
  2. 胸チラ
  3. 綿
  4. 文化祭
  5. ダンス部
白いチャペル:チアリーダーです 18

【Pcolle】野外ステージでアクロバティックな演技のお姉さん系チアチーム(チアリーダーです 18:白いチャペル)

白いチャペル:チアリーダーです 18
このページは『Pcolle』で配信中の『チアリーダーです 18』をレビューしています。
白いチャペル:チアリーダーです 18
白いチャペル:チアリーダーです 18
白いチャペル:チアリーダーです 18
白いチャペル:チアリーダーです 18
販売者 白いチャペル
商品ID 18306462a826d60ad91
収録枚数 270枚
出演人数 多数
見どころ 競技系チア

白いチャペル さんのチア静止画作品です。

スタンツ中心の青いユニフォームのチアは、お姉さん系のチアチームとのこと。

いやー 白チャペさんって、作品の幅がめちゃめちゃ広いですよね。

前回のレビュー記事

このページは『PALPIS/Adama』で配信中の『チアです 318』をレビューしています。 販売者 白いチャペル 商品ID 24189 収録枚数 170枚 […]

白いチャペル:チアです 318

某所での野外イベントでのアクロバティックな演技を収録した静止画は、270枚とかなりの大ボリューム。

多くの場合で演技を丸々収録してくれるスタイルは、全体の流れを見たい派の私にとってはありがたかったりするんですが、その中から見どころとなる画像をピックアップして内容チェックといきましょう!

チアリーダーです 18 画像つき詳細レビュー

Pcolleの作品ページを開く

紹介用画像は全て縮小、プライバシー保護加工を施しています

冒頭は(たぶん)オープニングスタンツから、降りてきたメンバーを全体的に確認する流れ。

メンバーは全員で 10 名ほどですかね。

姿撮り的撮影でメンバー全体を見せてくれており、そのルックスはと言うと、、当然ばらつきはあるけどまあ~ 平均的かなって感じですかね。

天気は曇り空だけど、新しい作品なので画質は以前よりも鮮明になっている気がします。

序盤のスタンツで降りてきて黒パンがっつりのメンバー。

チアリーダーです 18 画像つき詳細レビュー

 

普通のダンスを挟んで 70 枚目くらいで側転演技を連写で収録。

1枚目の画像は黒パンだったんですが、基本的にはこんな感じでアンスコ 2 枚穿きが多かった印象ですね。

チアリーダーです 18 画像つき詳細レビュー

 

そのままスタンツに突入。

階段を登っていく風な動きをしてるっぽい。

チアリーダーです 18 画像つき詳細レビュー

 

トスジャンプで空中大開脚!

その瞬間を綺麗に捉えてくれていますが、どうやらこのメンバーも 2枚穿きしてしまっている模様。 ただ凹凸はリアル(゚A゚;)ゴクリ

チアリーダーです 18 画像つき詳細レビュー

 

その後ボンボンを手に持ってチアダンスもやってくれていましたが、特に見どころとなるシーンはないので割愛。

こちらは 160 枚目くらいのスタンツです。

本作のサムネにもなっている最大の山場となるシーン。

ごらんの開脚っぷりで、このメンバーは青アンスコ 1枚だけっぽいのが素晴らしいんですが、表情がものすごい(汗)

チアリーダーです 18 画像つき詳細レビュー

 

空中に舞い上がっているところを 6連写で収録した後の着地シーン。

ああ、落ちてくると別に普通なんだけど、空中での表情がインパクトありすぎました(汗)

チアリーダーです 18 画像つき詳細レビュー

総評

大量の画像の中から、見どころをかいつまんで紹介させてもらいました。

合間のダンスが思いのほか長かったんですが大技は側転一発のみだったので、基本的に見どころは演技中に4回ほど披露してくれるスタンツになってきます。

中でもさいごに紹介した大ジャンプが最大の山場となるんですが、その時の表情だけがまじで残念。

大変な演技だというのは重々承知なんだけども、それにしても必死感が全面に出てしまっているのと、地球の重力の存在をひしひしと感じさせられます(汗)

ということで注目のシーンは、序盤の黒パンと中盤の側転演技ですね。

作品説明文

野外イベントでお姉さんチアチームによる演技を撮影したものです。
ステージも広くアクロバティックな演技を披露するチームなので引きで(後方)での撮影になります。
基本演技はスタンツ中心で大開脚、ジャンプなどの演技を撮影したものになります。静止画でご覧ください。

・画像枚数 270枚です。

作品評価

撮れ高 3.5
画質 4.5
モデルの見た目 3
コスパ 3
管理人の好き度 3
総合点 3
45バナナ
演技内容は悪くないので自信のある方はどうぞ

Pcolleの作品ページを開く